旧黒澤(くろさわ)家

所 在 地   秋田県秋田市楢山字石塚谷地297番の99

         旧所在地 秋田県秋田市中通3丁目より移築

指定物件   主屋、表門、土蔵、米蔵、木小屋、

建設年代   主屋・表門=江戸中期(1701~1800)、土蔵=嘉永4年(1851)、

         米蔵=文政13年(1830)、木小屋=万延元年(1860)、

特 徴 等   秋田・久保田藩上級武士住宅の遺構

所有形態   秋田県

概   要   佐竹藩家臣黒澤氏がこの住宅に移り住んだのは、文政12年(1829年)
         
         である。現在、秋田市が寄贈を受けて南部丘陵の公園内に移築保存して

         いるが、もとは秋田・久保田城三の郭にあたる旧町名東根小屋中丁にあ

         った。長屋門形式の表門を構え、庭をへだてた主屋は、玄関付きの書院、

         小座、台所の3棟で構成され、切妻を基本とする柾葺(まさぶき)の複合屋
       
         根を持っている。主屋の背後に土蔵、米蔵、木小屋などが建つ。 表門と

         土蔵は石置き板葺、米蔵・木小屋は柾葺で、いづれも切妻造である。
    
         この住宅は、建物ばかりでなく江戸期上級武士の屋敷構え全体が残って

         いる点では特に貴重である。