六間四方の土間より部屋を望む

       両中門造



浦(みうら)家住宅

所 在 地   秋田県秋田市金足黒川字黒川

指定物件   主屋、米蔵、文庫蔵、味噌蔵、土蔵、馬小屋、表門、鎮守社、

建設年代   主屋=文久元年(1861)、米蔵=明治24年(1891)、文庫蔵=明治35年

         (1902)、味噌蔵・土蔵・馬小屋=明治初期(1868~1911)、

         表門・鎮守社=江戸末期(1830~67)。

特 徴 等   規模が大きく発達した両中門造の主屋で床・棚・付書院を備えた豪農の屋敷構

所有形態   久光エージェンシー株式会社

概   要   三浦家は、相模の豪族三浦氏の流れをくみ、江戸時代を通じて代々肝煮役(き

         もいりやく)を務めた家柄である。主屋は正面の左右に中門を突出させた両中門

         造で、馬屋と土間を広く取り、座敷に床・棚・付書院を備えている。主屋を囲んだ

         米蔵などが立ち並び、庭園は座敷から見下ろす独特の形式で、豪農の屋敷構を

         良く留めている。三浦家住宅は、上質な造りで規模が大きく、この地方の豪農の

         屋敷構の発展形態を知る上で、高い価値がある。