鈴木(すずき)家住宅

所 在 地    秋田県雄勝郡羽後町飯沢字先達沢

指定物件    主屋、土蔵、土地

建設年代    主屋=江戸中期17世紀末(1650~1700)、土蔵=大正4年(1915)

特 徴 等    土豪の系譜をひく東北最古級の民家

所有形態    私有

概   要      鈴木家住宅は、横手盆地の南西端から山間に行った所の

          集落にあり、冬の豪雪地帯である。同家の先祖は、源義経に

          仕えた鈴木三郎重家と伝えられ、この地に隠遁土着し、江戸期

          には代々肝煮を務めた。

           主屋は西面し、前面に二階造りの中門、背面に土蔵が接続し

          ているが、これらは後設されたもので、当初は直屋であったらし

          い。柱は丸刃の釿仕上げで、七尺間に建つ。土田家住宅と共に

          秋田県下では最古の遺例で、在地豪族の住宅を思わせる。