土田(つちだ)家住宅            (写真=土田家提供)

所 在 地    秋田県由利本荘市矢島町元町字相庭舘

指定物件    主屋

建設年代    江戸時代、17世紀後半

特 徴 等    中門造成立期の古民家、古式を残す

所有形態    私有

概   要     土田家住宅は、秋田県南端、鳥海山北麓、子吉川流域の矢島盆地

          水田地帯集落にある。中世に当地を支配した由利十二頭の一人根井

          氏を祖とし、近世初頭に現在地に土着、帰農して土田姓となったと伝

          える。主屋は南面し、寄棟造・中門入母屋造・茅葺で、桁行10間、梁

          間5間の本屋に、西側を上手として中門を突出させているが、もとは

          直屋である。平面は、土間に「だいどころ」が張り出し、座敷は整形四

          間取に配される。指物を用いず、丸刃の釿で仕上げた柱が一間ごと

          に立ち、古式を持つ。後世の増改築を受けているが、秋田県下の民

          家では最古に属し、中門造の成立を探る上でも貴重な遺例である。