旧菅野(かんの)家住宅

所 在  地   岩手県北上市立花14−59  市立みちのく民俗村構内   

         (北上市口内町より移築)

指定物件   主屋、表門  

建設年代   主屋=享保13年(1728年)、普請帳

特 徴  等   岩手県南部旧伊達藩領の典型的な平入り直屋の農家

所有形態   北上市

概   要   岩手県南部の北上市口内町に残されていた旧伊達藩で大肝煎

         (おおきもいり=大庄屋)の通称中村屋敷。主屋は寄棟造り茅葺

         の平利入り直屋で江戸中期享保13年(1728年)の普請帳があ

         り、また表門(=薬医門)は切妻造り茅葺で棟札により享保5年の

         もの。右手土間は主屋の半分ほどの広さで、左手が七間からな

         る部屋があるが,もともとは喰い違い四間取りである。