松延(まつのぶ)家住宅

所 在  地   福岡県八女郡立花町兼松

指定物件   主屋(座敷部、土間部)

建設年代   19世紀後半

特 徴  等   妻入の2棟が並ぶ土蔵造りの町屋、大壁造り

所有形態   私有

概   要   久留米から熊本へ通じる脇街道の宿場町にある松延家は、この地で

         特産の和紙や茶などを扱う商家であり、柳川藩の御用商人でもあった。

         松延家は街道に面して、白壁を厚く塗った土蔵造りの妻入・瓦葺の二

         階建2棟が並んで建ち、両側面に招き型の下屋をもっている。2棟の

         内部は一体となり、連続した平面で一種の二棟造りで、左側は通り土

         間と土間の左側が床上部、土間の右側は床上部の建物である。豪商

         の家だけに良材を用い、座敷廻りも良く整っている。