永沼(ながぬま)家住宅

所 在  地   福岡県京都郡みやこ町犀川帆柱

指定物件   主屋

建設年代   天保10年(1839年)、普請帳

特 徴  等   普請帳がある接客座敷の整った庄屋の家

所有形態   私有

概   要   永沼家は江戸時代代々帆柱村の庄屋を勤め、また近隣15ヵ村

         を束ねた行政単位「節丸手永(せつまるてなが)」の代表・「大庄

         屋」を勤めた事もある旧家である。建物は東面し入母屋造り茅葺

         の直屋(すごや)で、平面は三間取りの広間型に二室を加えたも

         ので、中央に式台付玄関がある。右側の土間を入ると二重に組

         んだ大きな梁が壮観であるが、左側床上部の、座敷飾りが整備

         されている書院造りの奥座敷はまた違った空間である。総じてこ

         の住宅は簡潔で整った意匠による普請がなされ、その状態がほ

         とんど改変されることなく現在へ引き継がれている点、天保10年

         の「家建諸控帳」と題する普請記録が残されて、正確な建築年代

         が判明する点で貴重な建物である。