横大路(よこおおじ)家住宅

所    在    地 福岡県糟屋郡新宮町上府

指 定 物 件 主屋

建 設 年 代: 17世紀中頃

特    徴: 土間部の広い曲り屋、分棟型系

所 有 形 態: 私有

概          要: 「千年家」と称される農家。当初は「くど造り」の家で、「御成間」を

         備える屋敷であったが、文化・文政年間(19世紀初頭)に現在の

          L型寄棟造り・茅葺の「曲り屋」に縮小改造。建築年代は、材の

         加工痕や古文書の家相図から17世紀中頃まで遡ると推測され、

         九州に現存する民家では最古のもの。現在は文化・文政期の姿

         に復元され、棟は竹で半円状に押さえられた形の「タゴ」と呼ばれ

         る棟飾りが付いている。曲り屋左側が広い土間部で右が座敷部

         となっている。