旧矢羽田(やわた)家住宅

所 在  地   大分県日田市大山町西大山 「ふるさと資料館」横

        (同市大山町大字東大山小五馬より移築)

指定物件   主屋

建設年代   18世紀前半

特 徴  等   前谷型の二つ家系の家で、上手に角屋の座敷

所有形態   日田市

概   要   屋根の形に特徴があり、峰が「コの字型」となり前谷型の

         「くど造り」形式であるが、上手に座敷が角屋とし張り出し

         ているので異なって見える。この形式の民家としては分布

         上最も東に位置している。くど造りでも」佐賀県とは異なり

         土間と居室を別棟とする平行分棟形式から変化したもの

         と推定されている。現在屋根は下地に茅を用い表面の見

         えるところは杉皮葺ある。平面は左手に土間、右手床上

         部は五間取りで、土間と座敷部の境目上は屋根の継ぎ目

         で大きな樋が通っている。