土井(どい)家住宅

所 在  地   佐賀県杵島郡大町町大町

指定物件   主屋

建設年代   18世紀後半

特 徴  等   正面に大きな妻を見せる町家、大黒柱は棟持柱

所有形態   私有

概   要   土井家住宅は佐賀と長崎を結ぶ街道沿いに建つ町家である。

         街道に面して切妻造り、妻入、屋根の勾配が緩い本瓦葺で、

         正面に瓦の庇が2段に付いている。この住宅は通り抜けの土

         間が平面の半分を占め大変広く、その土間に沿って右側に4

         室が2列に並ぶ。建物の中央土間と座敷境に大黒柱とも云う

         べき棟まで達する棟持柱がある。建物の正面には、大戸口、

         摺りあげ戸、蔀戸(しとみど)など各種の建具が用いられている。