旧川打(かわうち)家住宅

所 在  地   佐賀県多久市西多久町板屋

         (西多久町宿より600m西の同じ街道沿いに移築)

指定物件   主屋

建設年代   18世紀前半

特 徴  等   初期の「くど造」の家

所有形態   多久市

概   要   伊万里街道に沿って建つ川打家の建物は、形式や手法及び

         江戸時代の災害記録から考え合わせて正徳3年(1719年)

         から享保14年(1729年)の大雨大洪水による被災の後に

         建替えられたと考えられている。この建物は佐賀県南部に分

         布する「くど造」民家の典型である。くど造は屋根の形式に特

         徴があり、真上から見ると棟がコの字型寄棟造りになっており、

         カマド(くど)の形に似ているのでこのように呼ばれている。

         くど造は、二棟造の棟を繋ぐ前谷型や後谷型の分棟型の家と

         は分類で区別されている。平面は半分土間と床上部四間取。