西岡(にしおか)家住宅

所 在  地   佐賀県嬉野市塩田町馬場下甲

指定物件   主屋、附属風呂・便所

建設年代   19世紀前半 弘化2年(1845年)以前

特 徴  等   大屋根の上の正面に破風を見せる大壁造りの商家

所有形態   私有

概   要   西岡家は、長崎街道の宿場と川港として栄えた塩田津で廻船業を

         営んだ屈指の豪商である。建物は、旧長崎街道と旧塩田川に挟ま

         れた敷地に街道筋に面して建てられおり、屋根は桟瓦葺のコ字型

         で複雑な屋根形状となっている。、切妻造り平入の屋根ほぼ中央

         に、前後棟の妻の一部を見せる「のりこし屋根」という形式を持って

         いる。向かって右側に表から裏に通じる土間をおき、これに沿って

         左側上手に部屋を並べ、さらに上手側の前端と後端に角屋を設け

         続き座敷としている。土間と店の間の前面は、全体が開放できるよ

         うに出入り口は釣り大戸、ほかはアゲ戸にしている。なお土間には

         二階への荷揚口がある。江戸時代後期に於ける豪商の優れた建

         築意匠と生活様式を知ることが出来る質の高い町家である。