「重要文化財民家を巡る特別公開と講演会」の記録

本事業は「財団法人 朝日新聞文化財団」の助成により実施されたものです

第3回   講 演 「江戸期に洋算より優れた和算を語る」 
平成22年10月2日  近畿数学史学会 元会長 吉田 柳二 氏 
伊佐家住宅 公開  鎖国時代に生じた和算は、日本独自の数学で、創作した問題を
(京都府八幡市)  絵馬 として奉納する 「和算」は、17世紀に始まった。幕府天領
の庄屋を勤めた伊佐家十代目正富は、京都で和算を学び十八
参加者:81名  歳で石田神社に算額を奉納。以降伊佐家五代に及んで継承さ 
講演=於四季彩館2F  れた。現在全国に算額が 約九百面あり、和算の歴史を紹介。